解決事例

離婚訴訟

高額の財産分与を求められた事例

事案の概要

 妻子が住む家から別居し、直後に離婚調停を申し立てたものの、調停成立に至らず、その後も別居状態が続いている夫から、離婚したいというご相談を受けました。
 既に婚姻関係が破綻に至っているものと考えられたため、離婚訴訟を提起しました。

結論

 訴訟の中で、妻は婚姻関係の破綻を争い、また夫の不貞を主張しましたが、事実ではなく、離婚自体は認められる見通しでした。
 実際的には、財産分与の金額が争点となり、主張や証拠の整理も、財産分与が中心でした。
 夫は、起業しており、法人も含めると大きな財産があり、妻は、夫が資産を隠している等と主張し、約1億円の財産分与を求めていました。
 当方は財産資料も隠すことなく開示し、また清算割合についても譲歩し、最終的には裁判所より約5000万円の財産分与で和解案を提示され、この内容で離婚が成立しました。