弁護士費用

弁護士費用の種類

ご依頼いただいた後に発生する、弁護士の費用には、以下の種類があります。

相談料

法律相談をする際にいただく費用です。
料金は、30分5,500円(税込)です。受任に至った場合は、相談料は着手金に充当します。
また、電話、オンラインを利用したリモートでのご相談については初回相談は無料でお受けいたします。
法律相談について詳しくは法律相談ページをご覧ください。

着手金

弁護士が事件のご依頼を受ける際に、最初にいただく費用です。
以下の報酬金と異なり、結果の如何にかかわらず発生します。

報酬金

受任事件の成功の程度に応じて、事件終了時にいただく、いわゆる成功報酬です。
成功報酬の額は、主に経済的利益の額を基準に定めます。
経済的利益とは、相手方より獲得できた利益または相手方の請求から減らすことができた部分を指します。

手数料

当事者間に実質的な争いのないケースでの事務的な手続きを行う場合に発生する費用です。例えば、契約書や遺言などの書類の作成などがあります。

実費

ご依頼を受けた事件の事務処理を行う上で発生する費用です。例えば、訴訟提起する際の印紙代や切手代、振込手数料、交通費、コピー代などです。

日当

依頼された事件で、弁護士が裁判所など、事務所外に出向いた場合にかかる費用です。

弁護士費用の目安(税込表記)

以下は、当事務所における一般的な費用の目安です。価格は全て税込表記です。
具体的な弁護士費用につきましては、お客様に安心してご依頼いただけるよう、ご相談内容を踏まえて、正式にお見積りを差し上げます。お見積りをご覧になって、ご依頼いただかなくても、勿論構いません。お見積りまでは、相談料以外費用はかかりませんので、ご安心ください。

離婚事件

(1)交渉段階

着手金27万5000円~
報酬金・離婚が成立した場合 27万5000円~
・経済的利益の13.2%~

(2)調停段階

着手金27万5000円~
ただし、交渉段階よりご依頼いただいている場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金・離婚が成立した場合 27万5000円~
・経済的利益の13.2%~
期日日当1回2万2000円~

(3)訴訟段階

着手金33万円~
ただし、調停段階よりご依頼いただいている場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金・離婚が成立した場合又は離婚請求を阻止した場合 33万円~
・経済的利益の13.2%~
出廷日当1回2万2000円~

(4)離婚協議書・離婚公正証書等の作成

書面作成手数料11万円~

交際解消事件

着手金27万5000円~
必要となる事案は多くありませんが、裁判所に接触を禁止する命令を出してもらう場合(接近禁止の仮処分)等、法的手続が必要となった場合には、別途お見積りとなります。
報酬金交際解消の合意ができた場合 27万5000円~
ただし、明確な合意成立に至らない場合でも、ご依頼後に沈静化した場合(相手方より連絡がなくなった場合)は、報酬金が発生します。